2024年4月25日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の十壱

店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の十壱

やることはやった。伝えることも十分に伝えた。いい結果が欲しい。もう、つべこべ言っても仕方ない。たのむ、お願いだから叶ってくれ。合掌でも柏手打つでもクロスを切るでも。結果は天のみが知る。

続きを読む
むぅとかみなりくん

朗読劇「おにっこむぅとかみなりくん」の御紹介

来たる11月10日土曜日、草々庵にて朗読劇「おにっこむぅとかみなりくん」が上演されます。劇団シアター・リミテの皆さんによって演じられるお話は、紙芝居などでおなじみの鬼っ子むぅのもう少し幼い頃に遡ります。元気で優しく心の強 …

続きを読む
草々庵の草太

命名「草太」

草々庵の出目金くんに、ようやく名前をつけてやれました。 「草太」といいます。勝手に男の子と決めつけました。だって、どうみても女の子には見えないでしょ?衣棚通りの窓際が彼のポジション。通りかかることがございましたら声をかけ …

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の十

現状に甘んずる訳ではありません。次の目標へと進むためにはまず、今日という日にあることへの感謝をきちんとしないとね。明日には明日の今日が待っている訳ですから。

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の九

この時代、溢れる情報に何から、どう手を付けていいものやら。ましてや自分の人生の道筋を定めるのには目移りもすることでしょう。焦る気持ちもわかります。勘違いは若者に与えられた特権。ご両親や世間様があなたの勘違いや暴走に助言を …

続きを読む
草々告

臨時営業しています

本日、時代祭りが執り行われている京都です。草々庵も10時より16時まで開いておりますので、お祭にお越しの際はお立ち寄りください。 まったく関係のない写真ですが、草々庵の窓際に本日より御目見えの出目金くん。名前は思案中です …

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の八

蓮は冷たく暗い泥の中で育ちます。そして暖かくなる季節を待って蕾を水面から貫くように出し、御日様が燦燦と輝く朝早くに音を立てて開くのです。人の世のことと似ていますね。苦労して、辛い目にもあって、その結果として幸せの花を咲か …

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の七

歯を食いしばって二十年。黙々と三十年。コツコツと五十年。常に精一杯。人に勝とうとするのではなく、自分との闘いは傍目には穏やかに、一生続くのです。上手くいかなくても、上手くなろうとすることを諦めずにね。のた打ち回るのは陰で …

続きを読む
草々告

鬼っ子むぅがお芝居になりました!

草々庵の人気者、鬼っ子むぅが劇団「シアター・リミテ」の皆さんによって、お芝居になりました。草々庵2階にて11月10日土曜日に上演されます。開演時刻は13:00と15:00と17:00の3回。子供さんから大人まで、心を温め …

続きを読む
草々告

臨時営業と出張ワークショップのお知らせ

来たる21日日曜日は代将軍八神社のお祭です。それに因んで、町内にある友人の珠算塾に毎年お邪魔しております。今年は缶バッジのワークショップ。持ち込みの絵や写真、その場で書いた絵が缶バッジになります。お近くにお越しの際はお立 …

続きを読む