2024年6月24日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の七

歯を食いしばって二十年。黙々と三十年。コツコツと五十年。常に精一杯。人に勝とうとするのではなく、自分との闘いは傍目には穏やかに、一生続くのです。上手くいかなくても、上手くなろうとすることを諦めずにね。のた打ち回るのは陰でしようよ。

2019言問い地蔵カレンダーのお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です