2024年7月12日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

店主のひとり言

品物

信楽焼の鬼っ子むぅ

信楽の陶芸家、中井和仁先生の手ほどきを受け、完成しました。信楽焼の鬼っ子むぅです。七センチほどの背丈ですが存在感のある目方があります。仕上げは店主の好みで、焼き締め。今回は八体出来ました。机の端に、玄関に・・・そんな場所 …

続きを読む
ありがとう

嬉しい暑中見舞い

店主の最年少ガールフレンドから、とても嬉しい葉書が一通届きました。彼女は小学校一年生。とても賢く、私を楽しませてくれ、明るい気持ちにさせてくれます。資質が素晴らしいのでしょうが、ご両親もきちんと向き合って育てていらっしゃ …

続きを読む
品物

2019カレンダー描き始めました

例年に比べて少し遅めのスタートとなりましたが、来年のカレンダーの清書を始めました。この気温の中、雪の降る笠地蔵の絵を描くことは癒しになるのか、イジメになるのか…。複雑な心境です。さて、頑張りましょか。   余談 …

続きを読む
ありがとう

兵どもも夢のあと…

祇園祭の先祭、巡行が終わりました。今年の京都は三日間降りやまない豪雨と、一週間以上続く酷暑。そんな中、このお祭を見たいと集まる人の多さに改めて驚きました。10トン以上ある鉾が街を進み、辻ではたくさんの竹を敷き回っていく。 …

続きを読む
店主のひとり言

巡行の朝

いよいよ祇園祭、先祭の巡行の日がやってまいりました。草々庵のすぐ目の前で見られる辻回し。舵のない山鉾をたくさんの竹を敷き、大勢でその上を滑らせて方向を変える。そんな迫力あるシーンが繰り広げられます。 今日も暑くなるようで …

続きを読む
店主のひとり言

宵々々山

さぁ、徐々に徐々に盛り上がってきてます。

続きを読む
店主のひとり言

カウンター増設しました

「外からチラッと覗いて、何のお店か分かりにくいでぇ。」というご意見を受け止めて、販売商品をディスプレイするカウンターを土間に新設しました。これで少しは何屋なのかイメージしてもらいやすくなるかなぁ…?  もう少し改良します …

続きを読む
店主のひとり言

待ちに待った青空

ここ数日間つづいた豪雨も、ようやく止みました。今朝は忘れかけていたような気になる青空が広がっている京都市内です。私たち以上に待っていたかのように蝉が鳴いています。この凄まじい雨で被害に遭われたり避難を余儀なくされた方々に …

続きを読む
草々塾

お気に入り名刺、誕生!

今日、激しい雨の中を草々庵へ名刺を作りに来てくださった若者が一人。彼は歯科医師二年生。勉強熱心で、仕事で先輩先生や大先生から学ぶことが楽しくてなりませんという。見習いたいものです。そんな彼が自分を表現できる名刺が欲しいと …

続きを読む
ありがとう

吊りしのぶ

昨日、吊りしのぶも戴きました。雨の京都に似合います。鬱陶しい天気なのに、お陰様で気持ちは軽やかです。  玄関先にアクセントがもう一つ…。  雨降りも、まんざらじゃなく思えます。  

続きを読む