2024年4月25日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

2020年 カレンダーのお話 其の六

現実から目をそむけることは良しとされないもの。だけどさ、いつもいつも、そうそうは頑張ってもいられない。時には自分をサボらせて、サボっている自分が嫌に思えるまで木陰で休もうよ。弱い人になる一時がなければ、弱い人の気持ちも分からないしね。

2020carendar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です