2024年4月25日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

言問い地蔵カレンダー

2020carendar

2020年 カレンダーのお話 其の参

言葉は意志を示すための道具だと思います。口から発声して伝えることも、文字にして読んでもらうことによって伝えることもできます。音でも文字でも保存することも可能。そんな大切な言葉を粗末には出来ない。何故ならば、人は人と関わっ …

続きを読む
2020carendar

2020年 カレンダーのお話 其の弐

旅の道程は真っ直ぐで平坦とは限らない。山あり谷あり。曲がってくねって、迷子になることだって。到着!と思えばまた出発。こんなことの繰り返しだからこそ楽しく、たとえ苦しくても歩み甲斐がある。さぁ行こう!

続きを読む
2020carendar

2020年 カレンダーのお話 其の壱

今年のテーマは旅。旅といっても人生の旅を考えてみました。私の中で、旅と旅行は別物です。あくまでもニュアンスの違いですが、旅行とは代理店にプランを委ね、上げ膳据え膳の連れてってもらう旅。それに対して「旅」は自らプランを立て …

続きを読む
草々告

名古屋の「まぁるい心」展と臨時休業のお知らせ

11月1日金曜日から4日月曜日まで、名古屋にて「まぁるい心」展を開きます。今年は会場が変わり、熱田神宮の傍の料亭「井善」さんの二階を拝借します。料理を通じて、人を喜ばせることが生き甲斐の御主人と一緒に、ご来場の皆様に私の …

続きを読む
草々告

臨時休業と個展のお知らせ

明後日、16日金曜日と17日土曜日を、店主の名古屋での個展開催のため臨時休業とさせて戴きます。ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。尚、来週20日火曜日からは通常営業させて戴きます。 そして11月16日金曜日か …

続きを読む

2019言問い地蔵カレンダーのお話 最終回

人と自分を比べるのは自分をしっかりと持っていないと意味が弱まります。人生はレースではありません。人に勝つより自分に勝つ。そのためには持てる時間を存分に使って鍛え上げる。言うは易し・・・ですけどね。 言問い地蔵カレンダーの …

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の十壱

やることはやった。伝えることも十分に伝えた。いい結果が欲しい。もう、つべこべ言っても仕方ない。たのむ、お願いだから叶ってくれ。合掌でも柏手打つでもクロスを切るでも。結果は天のみが知る。

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の十

現状に甘んずる訳ではありません。次の目標へと進むためにはまず、今日という日にあることへの感謝をきちんとしないとね。明日には明日の今日が待っている訳ですから。

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の九

この時代、溢れる情報に何から、どう手を付けていいものやら。ましてや自分の人生の道筋を定めるのには目移りもすることでしょう。焦る気持ちもわかります。勘違いは若者に与えられた特権。ご両親や世間様があなたの勘違いや暴走に助言を …

続きを読む
店主のひとり言

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の八

蓮は冷たく暗い泥の中で育ちます。そして暖かくなる季節を待って蕾を水面から貫くように出し、御日様が燦燦と輝く朝早くに音を立てて開くのです。人の世のことと似ていますね。苦労して、辛い目にもあって、その結果として幸せの花を咲か …

続きを読む