2024年3月4日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

今日の一点ともう一点

一点目は六地蔵。
落としの額の小さなものを見つけました。立体を額装できるものです。
ここにお地蔵さんを六体、檜の板に描きました。
和紙に薄墨で柄を描き、ふわっと浮き上がらせて。
十数センチの額ですが存在感はしっかりと。
ふとした空間にさりげなく掛けてあると素敵です。

8,500円

もう一点は般若心経を、熟練の職人さんに仕立てていただいた杉の曲げ物の散華(蓮の花びら)に
手描きの般若心経と蓮華座をあしらいました。
この板がもうありません。この一点のみ。売り切れ御免の作品です。
寸法は10センチほどです。

般若心経
18,000円
本体
作品本体です。高度な木工技術と緻密な筆さばきの融合です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です