2024年6月24日
  • 京都は衣棚御池に建つ、画工 殿村栄一作品の店です。肉筆原画をはじめに、絵はがき、缶バッジ、Tシャツ、著作本などを展示、販売しています。

2019言問い地蔵カレンダーのお話 其の五

物にも、事にも、人に対しても「一目惚れ」ってありますよね。決して気のせいではない。経験やセンスや理屈にならない何かが作用して好きになる。問題はそこから先です。本当に必要な物なのか。どうしてもしなければならないことなのか。この人と共に生きていけるのだろうか。選択次第では手放さなければならないのですから慎重に、よぉく考えましょう。試してみましょう。大切です、見極め。

 

2019言問い地蔵カレンダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です